フルーツ

juicy.com

バナナは冷凍してからフルーツジュースに!

バナナって一本で買うと高いからついつい房でまとめて買ってしまうけど、ひとり暮らしでは毎日食べても最後の1、2本は色が変わってしまうし、子供が食べると思って買ってきたら意外と食べないで余ってしまうなんてことはありませんか?数日経って色が変わりそうになったら、思い切って冷凍しちゃいましょう。
食べるときはどうするかと言うと、冷凍のままガブリ、というのもありですが、牛乳と一緒にミキサーにかければ、冷え冷えシャキシャキのバナナジュースの出来上がりです。
バナナは冷凍せずにフルーツジュースにすることもできますが、ぬるいと青臭さが目立ちます。
かといって氷を入れると味が薄くなります。
その点、冷凍していればしっかり凍っているので氷も必要無いですし、一石二鳥です。
また、複数のフルーツを使ってミックスジュースを作る場合にも氷の代わりになりますので重宝します。
夏の時期には欠かせないアイテムになること間違いなし。
ぜひ試してみてください。

むくみ解消と胃腸が弱ったときのお助けフルーツジュース

豊富なカリウムが利尿作用を促進し、腎臓の機能をサポートして、むくみの解消や高血圧予防にも効果的なのが「フレッシュ・ウォーターメロン・ジュース」です。
フルーツの王様「メロン」と甘みたっぷりの「スイカ」の組み合わせですから、「おいしさ」はバツグンです。
メロン4分の1個は皮を除き、ジューサーの投入口に入る大きさに切り、スイカ4分の1個は皮と種を取り除き、メロンと同じようにジューサーに入る大きさに切ります。
これらをジューサーにに投入すると、約950ミリリットルのジュースができます。
また、パイナップルに含まれる強力な消化酵素は、腸内環境を整え、胃腸の働きをスムーズに改善して、グレープフルーツの苦み成分は、血液サラサラ効果もあります。
さわやかな酸味と甘みで、お腹も気分もスッキリします。
パイナップル2分の1個は葉と皮を除き、ジューサーの投入口に入る大きさに切ります。
皮を除いたピンクグレープフルーツとともにジューサーに投入すると、約500ミリリットル分のジュースができます。

pickup

住所レンタルを行う

Last update:2017/11/30

『ジュース フルーツ』 最新ツイート